カテゴリー別アーカイブ: つわり(妊娠悪阻)

1.つわり

私は32歳、結婚2年目です。

私の姉は妊娠初期に、ひどい“つわり”に悩まされ1ヶ月半で体重が6kg減少。食事もほとんどとれず栄養失調になってしまいました!

なんとか4ヶ月目まで頑張ったものの、「もう入院かも?」という状態になったときに、友人に「かない美容整体院」を紹介してもらったそうです。

 

施術後は劇的に楽になり、食後や天候に左右されていた吐き気が少しずつなくなってきたのには、正直びっくりしていました。

そんな話を、聞いていたので私も妊娠検査薬で陽性反応が出たのを見た途端に気持ちが悪くなりました。

 

「おお、これがつわり!」と思い、ネットで調べて、私も「かない美容整体院」に早速電話しました。

 

治療後は、胸の辺りの“もやもや”が取れ、吐き気もおさまり、気分よく家に帰ることができました。

 

こんなに効果があるのに、あまり知られていないのがなんだか残念です。

 

つわりで悩んでいる方はぜひ受けたほうがいいと思います。

 

かない先生からは、つわり(妊娠悪阻)は、妊婦さんの約8割が経験している、妊娠初期の症状だと聞きました。

 

妊娠による“ホルモンの分泌”や“代謝面の急激な変化”+“自律神経のトラブル”+“精神的・体質的な因子”が絡み合って総合的におこる、母体の“適応不全症候群”と考えられているんだけど、詳しい原因やしくみは未だに解かっていなくて、特効薬もないのが現状なんですって!

 

一般的に、“つわり”というと、吐き気や嘔吐(おうと)のことだと思われていますが、唾液が多くなる、いつも眠い、食べ物の好き嫌いが変化する、匂いに敏感になる、空腹になる気持ち悪くなる(食べづわり)といった症状も、実は“つわり”に含まれます。大体妊娠5週から始まり、ピークは7~9週頃で、12~16週ごろまで続くといわれていますが、個人差が大きく、まったくない人もいれば、出産までずっと“つわり”で苦しむ人もいます。

 

「かない美容整体院」での治療は、“つわり”に対する施術を行う前に、細やかなカウンセリングから始まりました。

 

“つわり”といっても、個人や状況によって、その症状は様々なんだそうです。なので、症状や体質、生活スタイルなどを細かく教えていただいて、鍼灸治療で吐き気や気持ち悪さを止めてもらい、胃腸の調子も整えてもらいました。

 

日頃の過ごし方の注意は、吐き気がある場合、どうしても家に引きこもりがちですが、“つわり”にはメンタル面の影響も関係しています。そのため、気分転換も兼ねて、思いきって外に出てみるのもよいでしょう。また、吐き気がある時に体を丸めてしまうと、胃が圧迫され、吐き気が一層強く出てくる場合があります。

 

ですから、気持ち悪い時こそ、胸を張るとよいそうです。

 

つわりがひどい時は、入浴にも注意が必要だそうです。長時間入浴すると水圧でお腹が圧迫され、お風呂上りに気持ちが悪くなることもあるそうですよ。

 

「かない美容整体院」では、あらゆる事情を考慮して、一人一人のお身体に合った過ごし方を指導していただけますよ。