カテゴリー別アーカイブ: こむら返り

4.妊娠中のこむら返り

妊娠してから何故か朝方になると“こむら返り”になり、痛さで悲鳴をあげて朝を迎えていました。

 

“こむら返り”が治まった後も痛みがなかなか取れませんでした。

病院で相談したものの、返ってきたのは「わからない」という答え…。

 

いつ来るかわからない痛みにおびえて、妊娠期間を過ごしたくはないと思って、かない美容整体院の金井先生に相談しました。

 

金井先生によると、「こむら返りとは、朝方におこる筋肉のひきつりのことで、非妊娠時にもおこるが、妊娠期特有の症状の一つ。妊娠時には貧血になりやすく、それによって末端の筋肉に酸素が届きにくくなり、筋肉がひきつりやすくなる。また、朝方におこりやすいのは、その時間帯が自律神経系の変動の時間などと重なるから」。だそうです。

 

ふくらはぎの筋肉を丁寧に矯正して、ストレッチをして、さらに“鍼”もしてもらいました。

すると、施術後は、「足がとても軽い!!」

 

しかも、翌朝は“こむら返り”が起きず、ぐっすり眠れたことに更にびっくり!

 

継続的に施術を受けると“こむら返り”の頻度も減っていき、最近では毎晩ゆっくり眠れています。

妊娠期間が快適に過ごせるようになりました。

 

“こむら返り”がおこっても、すぐに元通りになる時もあるけど、“ひきつり”が強い時は痛みが残ることもあったので、治療を受けてみて、日ごろからの「予防が大事なんだなっ」て、感じました!

 

かない美容整体院での“こむら返り”に対するアプローチは、“鍼”の施術をオススメしていただきました。

 

こむら返りの主な原因は「血行不良」になることで起こるそうです。

 

マッサージなどに比べると、“鍼”での治療は、ふくらはぎのより深い所にある筋肉を刺激することが出来て、血流をより改善できるそうです。

身体の奥からほぐすことで、“こむら返り”の再発を防いでくれるんですって。

 

寝る前には多めに水分を取って、ストレッチなどして血液の循環をよくし、足元が冷えないようにすると、”こむら返り“になりにくいと教えてもらいました!