カテゴリー別アーカイブ: 不眠、夜中に目が覚める

5.妊娠中の不眠・夜に目が覚める

妊娠してからというもの、うまく寝つけず、夜中も目が覚めたりして、疲れが取れない日が続いていました。

 

かない美容整体院を訪れると、「血が少ない」という指摘をされました。

 

“血?”と思いましたが血液検査では異常がなかったのですが、東洋医学はまた違うそうで、「血虚」という状態とのことだそうです。

 

“鍼”による施術を受けたところ、とても気持ちよく、気がついたら眠っていました。

 

かない美容整体院に通い出してからは、自宅でもぐっすりです。もっと早くいけばよかったと思いました。

 

かない先生曰く、「妊娠中は多くの方が不眠に悩まされます。妊娠中はホルモンバランスが崩れ、自律神経も不安定になり、体内時計にくるいが生じ、不眠症になりやすい。東洋医学では、貧血のことを「血虚」といいますが、その代表的な症状に「不眠多夢」というものがあります。これは、“夢ばかり見て熟睡できない“という意味です。夢を多く見るということはレム睡眠であり、浅い眠りしか出来ていないことになります」。と言う事だそうです。

 

その他にも、足の冷えやのぼせ、大きくなっていく子宮に膀胱が圧迫されて、夜中頻繁にトイレに起きることも、不眠の原因となっていることが多いんですって。

 

かない美容整体院に行くと、まずは詳しいカウンセリングからはじまります。

 

“こんな事全く関係ない”と思っていた身体に起こっている小さな変化が、実は大事な事だったりするので、自分の思い込みは捨てて、どんな些細な事でも話しておく方がいいですよ。

 

原因で多いのは、下半身が冷え、頭部がほてっている「頭熱足寒」って言う状態になる事なんですって。

肩こりや腰痛も、安眠を阻害する要因になるそうですよ。

 

施術は、鍼灸を使って、頭にのぼせた熱を足元におろしたり、こわばった体をほぐしたりする施術を行い、全身を調節くれます。

 

施術が終わったあとには、生活指導もしてくれます。

「快眠のためには血行をよくし、リラックスすることが大切で、寝る前にはストレッチを行い、半身浴などで気持ちを落ち着けると良いですよ」。とかない先生。

 

入浴の仕方によっても睡眠の質は変わるので、一人一人の原因に合わせたストレッチの仕方や入浴方法も教えていただきました。