カテゴリー別アーカイブ: 症状

9.男性不妊

「男性不妊」の原因無精子症など男性に原因がある不妊治療に対し、治療費の助成を始める自治体が増えてきました。それだけ、男性が原因による不妊が増加している傾向にあります。

中医学では、男性の妊娠力は腎(じん)に宿ると考えます。腎は生命力の源で、男性ホルモンを分泌させて精子をつくります。

日本において、その腎の力が低下している男性が増加しているようです。

それが、男性不妊の最大の原因なのかもしれません。さらに掘り下げれば、不妊原因もいくつかのタイプに分類できます。

 

腎の力低下によるタイプ別の症状

腎虚(じんきょ)型は、腎自体の機能低下により引き起こされます。

 

機能低下は乏精子症、精子運動率の低下などを招き、自覚症状としては性欲低下、冷え、疲れ、ほてり、トイレが近い、頭痛などで悩まれることがあります。

 

湿熱型であれば、精子に血液や膿がまじり、倦怠感、排尿痛、大便がべとつく、睾丸が腫れやすい前立腺肥大などの自覚症状が見られます。

 

気滞血瘀(きたいけつお)型は、ストレスや喫煙などで気血の流れが悪化し、精策静脈留、精管のつまり、射精不可能、閉塞性無精子症、乏精子症に陥ります。自覚症状は、いら立ちやすく、陰部に刺さるような痛みなどで、唇は紫、舌は紫暗、斑点が表れます。

 

最後に痰湿(たんしつ)型です。これは、精巣、精管に不純物がたまることで、性欲の低下、乏精子症、前立腺肥大を招きます。自覚症状は肥満、むくみ、吐き気、体がだるい、常時眠たいなどが一般的です。

 

体調が改善されれば、男性ホルモンの動きもアップする

 

男性不妊の妊娠力アップには、精子の質と、力を向上させることが基本です。

それに加え、腎の力を高めることと、血となる栄養元、免疫力に大きく関係する脾胃(ひい)、胃腸の力を高めることが重要です。

さらに、偏食をなくし、食品添加物の摂取を避け、上質のアミノ酸、ミネラルを取り入れることも大切になってきます。

体調が改善されれば、ストレス処理能力も高まり、脳下垂体が支配する男性ホルモンの働きもアップします。

高額な不妊治療でも妊娠できないような場合は、このような体調改善にも注目してみてください。

8.母乳が出ない・出が悪い場合

患者様の体験談(1)

母乳が出ないのがつらくて、乳腺マッサージを受けようと探していました。でも、「痛い」といううわさばかりで怖くて受けられず、産後もOKのようでしたので、かない美容整体院に行きました。

気持ちのよい矯正とよく効きそうな鍼を受けると、すぐに胸が張ってきました。

家に帰って飲ませてみると、しっかり出ました!

 

患者様の体験談(2)

母乳で育てたいと思っていたのですが、なかなか思うように出ず困っていました。

友人からかない美容整体院を紹介してもらい、行ってみましたが、本当に行ってよかったです。

先生にアドバイスをもらって、食事に気をつけ、マッサージをしたりしていたら、出るようになりました。本当にありがとうございました。

 

 

妊娠5~6ヶ月になると、乳房は乳汁を作り、分泌できるようになります。

母乳には抗体が含まれ、子供自身の免疫系が発達するまで感染防御として働きます。

また、産後すぐの乳汁(初乳)は、後に分泌されるものに比べ、免疫力を高める作用がある核酸類の含有量が高いほか、タンパク質含量が多く含まれていますので、母乳による育児が推奨されています。

 

しかし、乳腺の発達には個人差があり、母乳の生成や分泌にも差が見られます。人によっては何らかの影響で母乳が十分に作られないことがあります。

 

当院でのアプローチは、母乳の生成・分泌には、多くの要因が絡み合っております。当院では、まずカウンセリングにより母乳が出ない原因や皆さまの体質を考えてまいります。その後、個々の状況に合わせて鍼灸を用いて施術させていただきます。

 

日頃の過ごし方は、母乳には母体の食事が大きく影響されます。

 

偏った食事はすぐに乳腺に影響されるため、特に注意が必要となってまいります。なるべく洋食は避けて魚や野菜、お米など和食を積極的に摂取されるようお願いいたします。

7.微弱陣痛・陣痛が弱い

予定日を過ぎて妊娠41週になっても生まれてくる気配がなく心配になったので、かない美容整体院で鍼を受けたら、次の日に産まれました。

 

いつもの鍼とは違う施術だったので尋ねてみると、陣痛付けの鍼だということでした。

そんなのがあるなんて!びっくりです。

 

先生これからもいろいろ教えてください。

ありがとうございました。

 

出産が近づくと陣痛がおこりますが、陣痛がはじめから弱かったり、一旦強くなった陣痛が途中から弱まったりすることがあります。

それが、微弱陣痛なのです。

 

身体を動かしたり、気持ちをリラックスさせたり、休息や睡眠をとったりしても有効な陣痛が来なかったり、赤ちゃんの心拍数が下がったりしている場合には、陣痛促進剤の投与や帝王切開を行うこともあります。

 

当院でのアプローチは、鍼やお灸で全身の血流をよくしていきます。

 

通常の施術に比べて刺激量が強い場合が多いため、施術の最中からお腹の張りが強くなり、胎児の位置がいつもより下にいるように感じやすくなることもあるでしょう。

 

日頃の過ごし方は、まず陣痛をおこすには、妊婦さんと胎児のエネルギーが必要となります。

だらだら時間が経過すると、エネルギーが消耗され、強い陣痛をおこすことができなくなります。

まずはきちんと食事を摂り、体力、気力の充実を図りましょう。

 

また、陣痛に対して恐怖感を強く持つと、陣痛が遠のくこともあります。

安産を目指すには、生活を見直し、適切な運動と食事など規則正しい生活を心がけるとともに、母親としての自覚を持つことも必要だといえるでしょう。

6.逆子

私は、妊娠35週になっても逆子でした。逆子体操とかいろいろ頑張ったのですが、ぜんぜん治りませんでした。

 

今まで鍼灸治療の経験が無く、はじめは少し怖かったのですが、かない美容整体院に行き、カウンセリングを受け、東洋医学的な逆子になる原因などをお話しいただき、日常生活での注意点も教えていただきました。

 

院での治療とあわせて、家でもできる逆子のツボとお灸の仕方を教えていただいて、そこにお家でもお灸をしました。

 

すると、次の検診の37週では逆子が治っていました! 逆子が治っていたので、本当にびっくりで、そしてうれしかったです。出産、産後までよろしくお願いします。

 

かない先生によると、「妊娠20週台の後半ごろまでは、羊水の量が多いため赤ちゃんは子宮内をクルクルと動きまわっていますが、妊娠28週頃になると、胎児の頭がお尻より重たくなることもあり、頭が下を向けた姿勢(頭位)に、徐々に落ち着いてきます。

それでも2~3割は、まだ頭を上にした逆子(骨盤位)です。そのうち8割近くは自然に頭位へと戻り、最終的に逆子のままでいるのは、3~5%です。しかし、その後3週を過ぎると、週数が進む程、頭位に戻りにくくなり矯正の成功率も下がります」。という事でした。

 

逆子になる理由は、はっきりしないそうです。子宮筋腫や胎盤の位置が低い。また、羊水が多い・少ない、臍の緒が短いなどの逆子の原因と考えられているそうですが、東洋医学的に考えると、主な原因は母体にあって冷えが原因のことが多いそうです。あとは、骨格の左右差だったりもするそうです。

 

赤ちゃんが、どの位置にいてもそれは赤ちゃんが選んだ姿勢なので子宮内で苦しいことはないらしいのですが、逆子のほとんどが帝王切開になることや、まれに臍帯脱出といって、破水をして臍帯が急に子宮口から飛び出し、赤ちゃんの状態が急激に悪化することがあるそうなので、できれば早目に手を打っておいたほうがいいそうです。

 

逆子の治療には“鍼”と“お灸”、を組み合わせて行ってもらいました。

 

まずは赤ちゃんが動きやすいよう、お腹の緊張をとり、その後、体質などを考慮しながら“鍼”や“お灸”の施術です。

 

一人一人にあったツボを選択し、ホームケアに関して逆子に有名な「至陰」や「三陰交」といったツボとお灸のやり方をご指導していただきました。

 

日頃の過ごし方についても教えてもらって、自宅でもなるべく毎日お灸をしました。

 

お腹の張りを強めないように、穏やかに生活することも大切なんだそうです。

 

お腹の中の赤ちゃんは「自分の居心地の良いところに居る」ともいえるそうで、もしかすると赤ちゃんが頭を下に向けたくない理由を私が作っていたかもしれない。という事を聞き、もう一度、自分の生活を見直すことにしました。

5.妊娠中の不眠・夜に目が覚める

妊娠してからというもの、うまく寝つけず、夜中も目が覚めたりして、疲れが取れない日が続いていました。

 

かない美容整体院を訪れると、「血が少ない」という指摘をされました。

 

“血?”と思いましたが血液検査では異常がなかったのですが、東洋医学はまた違うそうで、「血虚」という状態とのことだそうです。

 

“鍼”による施術を受けたところ、とても気持ちよく、気がついたら眠っていました。

 

かない美容整体院に通い出してからは、自宅でもぐっすりです。もっと早くいけばよかったと思いました。

 

かない先生曰く、「妊娠中は多くの方が不眠に悩まされます。妊娠中はホルモンバランスが崩れ、自律神経も不安定になり、体内時計にくるいが生じ、不眠症になりやすい。東洋医学では、貧血のことを「血虚」といいますが、その代表的な症状に「不眠多夢」というものがあります。これは、“夢ばかり見て熟睡できない“という意味です。夢を多く見るということはレム睡眠であり、浅い眠りしか出来ていないことになります」。と言う事だそうです。

 

その他にも、足の冷えやのぼせ、大きくなっていく子宮に膀胱が圧迫されて、夜中頻繁にトイレに起きることも、不眠の原因となっていることが多いんですって。

 

かない美容整体院に行くと、まずは詳しいカウンセリングからはじまります。

 

“こんな事全く関係ない”と思っていた身体に起こっている小さな変化が、実は大事な事だったりするので、自分の思い込みは捨てて、どんな些細な事でも話しておく方がいいですよ。

 

原因で多いのは、下半身が冷え、頭部がほてっている「頭熱足寒」って言う状態になる事なんですって。

肩こりや腰痛も、安眠を阻害する要因になるそうですよ。

 

施術は、鍼灸を使って、頭にのぼせた熱を足元におろしたり、こわばった体をほぐしたりする施術を行い、全身を調節くれます。

 

施術が終わったあとには、生活指導もしてくれます。

「快眠のためには血行をよくし、リラックスすることが大切で、寝る前にはストレッチを行い、半身浴などで気持ちを落ち着けると良いですよ」。とかない先生。

 

入浴の仕方によっても睡眠の質は変わるので、一人一人の原因に合わせたストレッチの仕方や入浴方法も教えていただきました。

4.妊娠中のこむら返り

妊娠してから何故か朝方になると“こむら返り”になり、痛さで悲鳴をあげて朝を迎えていました。

 

“こむら返り”が治まった後も痛みがなかなか取れませんでした。

病院で相談したものの、返ってきたのは「わからない」という答え…。

 

いつ来るかわからない痛みにおびえて、妊娠期間を過ごしたくはないと思って、かない美容整体院の金井先生に相談しました。

 

金井先生によると、「こむら返りとは、朝方におこる筋肉のひきつりのことで、非妊娠時にもおこるが、妊娠期特有の症状の一つ。妊娠時には貧血になりやすく、それによって末端の筋肉に酸素が届きにくくなり、筋肉がひきつりやすくなる。また、朝方におこりやすいのは、その時間帯が自律神経系の変動の時間などと重なるから」。だそうです。

 

ふくらはぎの筋肉を丁寧に矯正して、ストレッチをして、さらに“鍼”もしてもらいました。

すると、施術後は、「足がとても軽い!!」

 

しかも、翌朝は“こむら返り”が起きず、ぐっすり眠れたことに更にびっくり!

 

継続的に施術を受けると“こむら返り”の頻度も減っていき、最近では毎晩ゆっくり眠れています。

妊娠期間が快適に過ごせるようになりました。

 

“こむら返り”がおこっても、すぐに元通りになる時もあるけど、“ひきつり”が強い時は痛みが残ることもあったので、治療を受けてみて、日ごろからの「予防が大事なんだなっ」て、感じました!

 

かない美容整体院での“こむら返り”に対するアプローチは、“鍼”の施術をオススメしていただきました。

 

こむら返りの主な原因は「血行不良」になることで起こるそうです。

 

マッサージなどに比べると、“鍼”での治療は、ふくらはぎのより深い所にある筋肉を刺激することが出来て、血流をより改善できるそうです。

身体の奥からほぐすことで、“こむら返り”の再発を防いでくれるんですって。

 

寝る前には多めに水分を取って、ストレッチなどして血液の循環をよくし、足元が冷えないようにすると、”こむら返り“になりにくいと教えてもらいました!

3.妊娠中の腰痛

妊娠16週でお腹が大きくなり出した頃、あまりにひどい腰痛で動けなくなり、夫に背負われて、かない美容整体院に連れて行ってもらいました。

 

そこで初めて鍼をしてもらいましたが、痛みはなく、むしろ気持ちがよかったです。

 

鍼と並行して、足やふくらはぎなどの施術もしっかりしてもらい、帰りは普通に歩けるほどにまで回復しました。すごいですね!!

 

かない美容整体院さんは、施術がすばらしいのはもちろん、日常生活への指導もすばらしいです。

 

私は、普段の歩き方が腰に負担をかけているらしく、週数に合わせた歩き方の指導を行ってくれました。ありがとうございました!

 

妊娠期間中、増大した子宮の直接の圧迫と、その子宮を支えるために、どうしても背中をそらす姿勢になりがちで、腰には大きな負担がかかります。さらに、ホルモンによる靭帯の弛緩、運動不足による筋肉の衰えなどが加わり、痛みが出ることも多々あります。ひとくちに腰痛と言っても、腰の上部または下部、仙骨、尾てい骨、恥骨のあたりなど、痛い部位は人によって異なります。また、痛みの性質も、ぎっくり腰のような激しいものから鈍痛までさまざまです。

 

かない先生がおっしゃるには、妊娠期の腰痛でまず大切なことは、これ以上痛みをひどくしないことだそうです。

 

身体の変化が大きく、胎児の成長や骨盤の不安定さなどから身体にかかる負担は増える一方だからだそうです。

 

週数や症状に合わせたアプローチを、細かいカウンセリングを基におこなっていただきました。

 

妊娠期特有の靭帯の緩みなどから、腰まわりのマッサージを行ないすぎると腰痛が悪化する場合もあるので、痛みのある場所に鍼を用いての施術がオススメです。妊娠期間中の腰痛は少々特殊で、骨盤のバランスが崩れて痛むことがほとんどです。そのため、骨盤ベルトで骨盤を固定し、日頃から腰への負担を少なくすることが大切です。

 

また、日常生活での不意な動作が、腰をさらに痛めてしまうこともあります。痛みが激しい場合は、できるだけ安静にし、腰に極力負担をかけないように生活していきましょう。

2.妊娠中の肩こり

妊娠中も仕事でいつもパソコンに向かっているせいか、妊娠前よりさらに肩こり体質になったように感じます。

 

今まで通っていた整骨院は、妊婦さんお断りとのことで、症状もどんどんひどくなっていたように思います。

 

かない先生に相談して、見ていただいたら、眼からの疲れもあり、肩こりがひどくなっていると教えてもらえました。

 

背中に肩こりに効くツボに鍼をしていただき、終わった時には肩がスーッと軽くなっていました。

 

妊娠中は肩こり・頭痛が起こりやすくなるのです。主な原因は姿勢の変化です。妊娠中は、女性ホルモンの一種であるリラキシンというホルモンが分泌されます。これは出産時に恥骨の靭帯(じんたい)をゆるめることにより、赤ちゃんが産道を通過しやすくするためです。出産の直前に出てくれればよいのですが、妊娠3~4か月目で分泌が始まり、このホルモンの影響で体の重心が変化し、姿勢が妊娠前とは変化するからなのです。

 

さらに胎児の成長とともに、さらに姿勢は変化します。妊娠後期になってくると、睡眠中の姿勢にも影響が出てきます。それらが肩こりの一因になることが多いのです。さらに、精神的な変化も影響します。妊娠中は何かと神経過敏になり、そう鬱の状態を起こす場合も少なくありません。精神的な変化は肩甲骨周りに負担をかけます。そのほか、運動不足なども肩こりの原因となります。

 

「たかが肩こり」と思っていましたが、実は身体からの重要なメッセージでもあると教えていただきました。

 

私は、肩こりに対して、鍼とお灸の併用をお勧めされました。

 

指圧などで、しっかりほぐそうとした場合、血流量の多い妊娠期間中は特に、“もみ返し”や“のぼせ”が起こりやすくなるので注意が必要だそうです。

 

日頃、職場や家では、かない美容整体院でやっている体操教室で教えてもらった肩・腕を回す運動や、腹式呼吸、ストレッチをして、こまめに身体を動かしています。

 

ただ、肩こりのツボには子宮を収縮させる作用を持つものもあって、自己流のツボ押しは避けた方が良い場合もあるので注意が必要なんですって!

 

みなさんも、入浴などで身体を温めて、血流を促進させコリをほぐしましょう。

1.つわり

私は32歳、結婚2年目です。

私の姉は妊娠初期に、ひどい“つわり”に悩まされ1ヶ月半で体重が6kg減少。食事もほとんどとれず栄養失調になってしまいました!

なんとか4ヶ月目まで頑張ったものの、「もう入院かも?」という状態になったときに、友人に「かない美容整体院」を紹介してもらったそうです。

 

施術後は劇的に楽になり、食後や天候に左右されていた吐き気が少しずつなくなってきたのには、正直びっくりしていました。

そんな話を、聞いていたので私も妊娠検査薬で陽性反応が出たのを見た途端に気持ちが悪くなりました。

 

「おお、これがつわり!」と思い、ネットで調べて、私も「かない美容整体院」に早速電話しました。

 

治療後は、胸の辺りの“もやもや”が取れ、吐き気もおさまり、気分よく家に帰ることができました。

 

こんなに効果があるのに、あまり知られていないのがなんだか残念です。

 

つわりで悩んでいる方はぜひ受けたほうがいいと思います。

 

かない先生からは、つわり(妊娠悪阻)は、妊婦さんの約8割が経験している、妊娠初期の症状だと聞きました。

 

妊娠による“ホルモンの分泌”や“代謝面の急激な変化”+“自律神経のトラブル”+“精神的・体質的な因子”が絡み合って総合的におこる、母体の“適応不全症候群”と考えられているんだけど、詳しい原因やしくみは未だに解かっていなくて、特効薬もないのが現状なんですって!

 

一般的に、“つわり”というと、吐き気や嘔吐(おうと)のことだと思われていますが、唾液が多くなる、いつも眠い、食べ物の好き嫌いが変化する、匂いに敏感になる、空腹になる気持ち悪くなる(食べづわり)といった症状も、実は“つわり”に含まれます。大体妊娠5週から始まり、ピークは7~9週頃で、12~16週ごろまで続くといわれていますが、個人差が大きく、まったくない人もいれば、出産までずっと“つわり”で苦しむ人もいます。

 

「かない美容整体院」での治療は、“つわり”に対する施術を行う前に、細やかなカウンセリングから始まりました。

 

“つわり”といっても、個人や状況によって、その症状は様々なんだそうです。なので、症状や体質、生活スタイルなどを細かく教えていただいて、鍼灸治療で吐き気や気持ち悪さを止めてもらい、胃腸の調子も整えてもらいました。

 

日頃の過ごし方の注意は、吐き気がある場合、どうしても家に引きこもりがちですが、“つわり”にはメンタル面の影響も関係しています。そのため、気分転換も兼ねて、思いきって外に出てみるのもよいでしょう。また、吐き気がある時に体を丸めてしまうと、胃が圧迫され、吐き気が一層強く出てくる場合があります。

 

ですから、気持ち悪い時こそ、胸を張るとよいそうです。

 

つわりがひどい時は、入浴にも注意が必要だそうです。長時間入浴すると水圧でお腹が圧迫され、お風呂上りに気持ちが悪くなることもあるそうですよ。

 

「かない美容整体院」では、あらゆる事情を考慮して、一人一人のお身体に合った過ごし方を指導していただけますよ。