kanai のすべての投稿

整顔美容整体法とは

1.独自メゾットによる矯正

オリジナル技術で、「小顔美顔の黄金比バランス」に美しく矯正します。

2.個別プログラム

検査・カウンセリングによりゆがみの状態を診断し、一人一人に

適切なプログラムを立案します。

3.小顔美顔指導

美を最大限に引き出す美顔リンパマッサージ等小顔美顔の

お手入れ方法を指導いたします。

4.万全のリバウンド対策

小顔美顔の状態を脳に記憶させ、しっかりと維持できるよう

簡単なホームケアをアドバイスします。

効果

●小顔●ほうれい線解消●パッチリ目●リフトアップ

●鼻筋が通る●口角が上がる●頬骨やエラがすっきり

●輪郭が整う●バランス(左右対称)のとれた輪郭

●顎関節症●お肌の若返り
今なら結婚式、同窓会お試しキャンペーン中です。

■小顔美顔矯正 ■シワ取り美顔フェイシャル

通常¥15,000

初回おためしキャンペーン

¥5,000

27.生理痛の原因

生理痛とはどうして起きるの?

生理痛の大きな原因となっているのはプロスタグランジンという物質です。生理が起こった時に子宮内の膜が剥がれます。その時に痛みと熱と腫れを発生させるのがプロスタグランジンです。炎症を起こす物質と言ってもいいでしょう。

この炎症から胃痛や頭痛、吐き気やイライラを引き起こしていると言われています。以前はそれほど多く発生しなかったのではと言われています。現代の環境が昔と大きく変わってきているからでしょう。

女性のライフスタイルの変化

生理の回数が多いという事は、それだけ女性ホルモンの分泌している期間が多いとも考えられ、自分ではコントロールできない生理痛を経験している女性も増えています。

さらに女性の社会進出で、生活習慣が大きく変わってきました。ストレスにさらされる事も多く、さらに食生活の変化も。冷え性の女性も増え、むくみのある女性も多くなってきています。こういった変化に伴い、昔に比べて生理痛のある女性が増えてきていると言われているのです。

 

 

私は小学5年生の時に初潮があり、それ以降生理痛がひどくて、中高生の時は立てなくなるくらい辛かったです。

婦人科で検査しても特に病気は見つからず、医師には生理痛が酷くなる前に市販の鎮痛剤を飲みなさいと言われました。

骨盤のゆがみが原因と考えられる事もありますので、姿勢を良くしたり、骨盤矯正体操も良いと思います。

ただ、人それぞれ症状(痛みの種類や頭痛・吐き気があるか等)や体質によって生理痛の原因は少しずつ違うと思います。

あとは、冷えないようにする事が一番だと思います。

ミニスカートをはかない、はらまき、ノンカフェインの温かいお茶・・・、これならすぐ にでも実践できると思います。

冷えには、「首」のつく場所(首、足首、手首)を温めると良いですよ。

とにかく血行を良くする事は大切ですので、足湯(40℃くらいのぬるま湯に踝まで浸かって20分温まる)もお勧めです。

それでも良くならなければ、何か隠れた病気があるかもしれませんので、きちんと病院で診てもらった方が良いと思います。

少しでも生理痛が軽くなると良いですね。

26.生理痛と不妊症

「生理痛がひどい人は不妊症になりやすい」って、知ってました?

不妊症の原因の一つに生理痛があるんだって。生理痛のひどい人すべてが不妊症という訳では無いみたいだけど、割と生理痛がひどい人に不妊症が多いんですって。生理痛がひどいから不妊症になるという訳ではなくて、生理痛の症状が出ている不妊症の原因があるそうですよ。

例えば、子宮内膜症だったり、卵巣のう腫だったり。その病気が不妊症にしてしまっている事も多いそうです。他には生理痛が重い状態は、ホルモンのバランスが崩れていたり、そのことから生理不順が続いていたりという原因でもあるからなんですって。

もし生理痛で悩んでいるなら、やっぱり病院に一度見に行ってもらう事をオススメします。ただの生理痛だと思って、放置している事で、「早くに分かっていれば不妊にならなくて済んだ」という事も多いにありえるそうですよ。

結婚してから、と思っていませんか?

不妊症の人の多くは、結婚してから自分が不妊症だと知りましたという人です。確かに結婚しないと子供の事も考えられないのですから、当たり前だと思います。でも不妊症の検査をしているうちに、生理痛がひどい事も不妊症に関係していると気づく人も多いようです。それほど、生理痛と不妊症とは切れないものだったりします。もちろん生理痛のひどい人がすべて子宮関係の病気になっているわけでは無いようですが、もし生理痛がひどい場合には、結婚前にも診察に行くことをお奨めします。

診察で何もなかったら

生理痛がひどくて病院に行ったけど、結果何もなかったという人は、とにかくホルモンのバランスを整えるような事をたくさんしてみましょう。色々取り入れてみて、合う、合わないはもちろんありますから、自分が続けられそうで、効果がありそうなものを探してみるといいですよ。

骨盤矯正をしたら生理痛が改善して、不妊症も治って妊娠しました。という声も沢山聞きます。子宮機能が正常になる事につながっているのかもしれません。

25.西洋医学と東洋医学のいいとこ取り

西洋医学と東洋医学のお話をする時によく例えられるのが、森と木のお話し。

あるところに、元気のない森がありました。その森を調べると一本の枯れかけた木がありました。森のお医者さんは、枯れかけた木の枝や葉っぱ、根っこの一部分を取って調べ、その木が病気になった原因を調査しました。調べた結果、その枯れかけた木は再生するのは困難だと判断し、伐採して撤去し、その木を枯らした病原菌に対する薬を森全体に散布しました。

枯れ木

これが、西洋医学の治療の仕方だと考えています。

すごく、科学的で理論的で効率の良い治療だと思います。

 

また別のところにもう一つの元気のない森がありました。先程とは違う森のお医者さんがその森を元気にするためにやってきました。その森のお医者さんは、一通り森を歩き回り、枯れかけた木を見ましたが何もせず、森から出てきました。何をするのかと思うと、そのお医者さんは、その森を見渡すことができる隣の山に登っていきました。

立ち枯れ2

山から降りてきて言ったことは、「森に流れる川の上流で、大雨の時に起きた土砂崩れで、大きな岩が川の流れをせき止めてしまっているから、その岩を取り除きなさい」。と言うのです。

「枯れかけた木はどうすればよいのか」と聞くと、「そのままでよい。枯れて倒れれば他の木の栄養になる。森に元気がないのは水の循環が滞っているからだ。森の水の循環が良くなれば、森は自然と元気になり、今、木が掛かっている病気も自然に治す力が森にはある」と、言い残し、次の森へと行ってしまいました。

森のお医者さんの言うとおり、岩を取り除くと、翌年には森は元気を取り戻し、再び病気になることはありませんでした。

 

これが東洋医学の治療の仕方だと考えています。

 

どちらにも一長一短があると思います。

 

西洋医学は、この今掛かっている病気が治るのは早いと思いますが、その森が病気ではなくなったけれど元気になったのか?再び病気にならないのかと聞かれると、ちょっと不安です。しかも、病気に掛かっていない木にまで薬が撒かれてしまいました。

一方で東洋医学は、この今掛かっている病気の進行が早く、翌年まで待てないような重大な病気だったらどうするのか?森全体が元気になるスピードより、病気が広まるスピードが速ければ森はどうなるのか?と思ってしまいます。

もし、その森に二人の森のお医者さんが来てくれていたら、と考えます。科学的に調べ、必要な治療をし、不必要なことはせず、早く治して、再発させない。そういった治療が出来るのではないかと。

東西医学

これは、病気に限らず不妊治療にも言える事だと思います。

西洋、東洋の良いとこ取りをして、元気な赤ちゃんと出会える日を迎えましょう。

24.不妊治療は,「生命力をアップすること」

不妊治療の最も大切なこと、それは「生命力をアップすること」なのです。

弱った木に肥料や水を与え、太陽の光を浴びさせ、健やかで丈夫な木を育てるのにとても似ています。

循環

今では広く知られるようになった「加齢による卵子の老化」や「精子の劣化」という言葉。

また「不妊原因の30~50%は男性にある」という事実。

しかし東洋医学から見ると、原因は卵巣と子宮だけの問題ではなく、ましてや卵子の老化や精子の劣化だけの問題でもありません。十月十日妊娠を維持し、無事出産に至るということは、「有形無形のエネルギー」のいることです。

それは「生命力」と言い換えてもよいでしょう。

不妊治療の最も大切なこと、それは「生命力をアップすること」なのです。

あなたがまだ妊娠に至らない根本原因は、正にここにあり、西洋の不妊治療で成果を出せてない方や男性不妊の方も同様です。加齢・生活スタイル・精神的なストレスなど、いろいろな要因が重なって、体質のバランスが崩れているために「生命力」が不足しているのです。

東洋医学的に表現すると「体に宿る有形無形の栄養」と「元気、造血力、水の代謝能力」などです。この生命力をアップする治療と生活習慣の改善などによって、赤ちゃんを授かる、また授けることができる体に1日も早く整えていくことが、最も大切なことなのです。

木火土金水

それは、弱った木に肥料や水を与え、太陽の光を浴びさせ、健やかで丈夫な木を育てるのにとても似ています。お天気や季節も考慮して、肥料の種類や量を小まめに調節しながら大切に育てなければなりません。

 

そして、ある日、天使のような産毛をまとった可愛い実がなるのです。

妊娠

さて、諸外国に比べると、日本は治療を始める時期が突出して遅く、半数以上の女性たちが35歳を過ぎてから不妊治療クリニックを訪れています。男性不妊についても同様です。

不妊治療はある意味で時間との戦いという面があるため、多くの女性たちが厳しい治療に苦しんでいます。

療の時期が遅れる理由は個々いろいろあると思いますが、「不妊に関する正しい知識の不足」が大きな原因のひとつになっていることはまちがいありません。その中には、男性不妊についての認識が低いことも含まれています。

夫婦で受診

諸外国では、産婦人科の待合室には多くのカップルの姿が見受けられます。

不妊はカップルの問題で、検査や治療、そして懐妊後の定期健診や出産にパートナーが付き添うのはごく自然なことです。

夫婦で受診2

一方日本では、不妊治療技術の高さとは相反して、不妊は女性の問題という古い常識がまだまだ根強く残っているように感じます。日々の診療でもパートナーの協力が思うように得られない日本女性たちは少なくなく、腹立たしさと同情を禁じえません。

 

そして、日本国内に「本格的な東洋医学による医療」という選択枝が極めて乏しいことも、厳しい治療を長引かせることになっている大きな原因のひとつだと私は考えています。

鍼灸

23.不妊治療と整体

今までは、不妊を西洋医学的観点から捉えたお話をしてきました。もちろん不妊治療を受ける夫婦にとって、重要であるのは言うまでもありません。しかしそれ以外に、不妊治療の効果がある療法があるとすれば…ここからは、代替療法・東洋医学の不妊治療について考えてみたいと思います。

(※代替療法とは、現代西洋医学に捉われない別の観点から捉えた治療法をいいます。)

_骨盤矯正

~不妊治療と整体院~

整体とは、西洋医学に用いられる器具・薬剤などを使うことなく、施術者の手技だけで患部を治癒する療法です。そして整体の基本理念は、自身の自然治癒力を高めることを主眼にしています。自然治癒力を高めることができれば、健康状態を維持することができると考えています。一体、整体は不妊治療に対して、どのような治療法/取り組み方をして効果を上げているのでしょうか。

私たちは夫婦になった瞬間から、自然妊娠によって赤ちゃんを授かりたいと思っています。しかし何年経っても赤ちゃんを授からなければ、病院で検査を受けてみようと考える…かもしれません。整体では、そうした不妊に悩んでいる女性の身体的疾患を治癒することによって、不妊症を克服させることができます。実は、骨盤の歪みと不妊は大きく関与しているのです。

では骨盤が歪むことよって、子宮や卵巣がどのような状態に陥ってしまうのでしょう。

 

[・骨盤が歪む→お腹全体が圧迫される→子宮・卵巣も圧迫されることによって、正常な働きができなくなる。]

 

つまり、不妊症を始めとする生理痛・生理不順など疾患は、すべて骨盤の歪みから発症していることが往々にしてあるのです。仮に骨盤が歪んだ状態で高度な不妊治療を受け続けたとしても、赤ちゃんを授かることは難しいといえます。(西洋医学の観点からみても、骨盤の歪みはクローズアップされている事実があります。)

更にいうならば、手技の整体は母体に負担をかけることはありまあせん。短期間で…しかも効率的に…骨盤の歪みを含め、様々な身体の悪い部分を治癒することができる整体…整体を受けることによって、身体全体を調整→そして、より妊娠しやすい身体を作る…その役割を担っているのが、整体なのです。

そして整体で健康な身体作りができれば、妊娠・出産も楽になります。

不妊症で悩まれている女性のみなさん、是非、整体施術を受けてみてはいかがでしょう!

22. 西洋医学から見る、不妊症・不妊治療とは?

不妊症の目安は結婚して2年

よく「結婚して3年たちますが」「5年たちます」といって、「まだ子供ができないのです。不妊症かどうか検査するためにはどうすればいいですか」と聞く方がいます。
残念ですが、答えは「検査などしなくても、もうとっくに不妊症です」ということになります。
一般に結婚を考える年齢で、避妊せず、通常の夫婦生活を送っていれば、だいたい結婚して半年で7割、1年で9割、2年で10割が妊娠するといわれています。「避妊やめたらできちゃった」「避妊していないとすぐ次の子ができて困っちゃった」というのが自然なのです。世間一般の人の「どうして子どもをつくらないの?」という言葉―これは無神経ではあるかもしれませんが、ごく自然な質問なのです。ところが、不妊症の人は努力してもできないでいるからとても傷つきます。

2年
しかし、不妊症は病気ではなく、 症候群です。”症候群”というのは、原因も何も関係なしに、理由は分からなくても、ある症状の人をいう言葉です。
つまり理由はどうあれ、子供できない人を「不妊症」というのです。ご主人の側に原因がある場合もありますが、ともかく一般的には「避妊をせずに2年たっても子供ができなければ不妊症」と定義しています。

 

不妊症と病気の根本的な違い

 

一般の病気は頭が痛いとかお腹が痛いとか、どこか腫れているとか、何か症状があって、それに従って検査をし、原因が判明し、診断がつき、診断に従って治療をします。
しかし、不妊症は根本から違います。痛みも不快感もなく、検査でわかることはあまりに少ないため、原因の特定が難しいのです。精子も卵子も異常がないのに受精できない時もあるし、細胞分裂しないこともあります。排卵があっても、卵子が入っている袋(卵胞)の中の卵子がすでに変性していることもあります。

はてな
ですから、不妊症の原因に関しては、妊娠に至る過程の段階での何らかの障害があると想定します。それを排卵障害とかピックアップ障害、受精障害、卵管障害、着床障害といった呼び方をします。
また、卵自体の問題もあります。卵の質が落ちていて、赤ちゃんまでいけない卵、染色体異常がいっぱい発生する場合もあります。
妊娠できないのはなぜか、どこが悪いか、何が原因か、多くの方はそういうことを気にします。しかし、不妊症に関しては、検査の結果は正常だったり、仮に何か見つかっても、本当の原因までは特定できないことがほとんどです。何かしらの原因があって、そのプロセスで障害が起きているのですが、今の医学ではまだ全部解明させていないのです。

結果を見て判断するステップアップ治療

治療の流れとしては、まず基本検査をします。そして基本検査で異常が見つからなければ、排卵と射精のタイミングをより正確に合わせるタイミング療法をします。
だいたい半年をメドに、結果が出なければ次は排卵誘発(卵巣を刺激して卵胞を多く 成熟させる)をするという具合に、手段を変えていきます。それを「ステップアップ治療」と呼んでいます。
それでも結果が出なければ、人工授精(精子を子宮に入れる)→体外受精(卵子に精子をふりかける)→顕微授精(卵子の中に精子を入れる)と、手段や方法をより高度なものに変えていきます。
そこで妊娠すれば、その段階で何らかの障害をクリアしたということです。
ステップアップ治療というのは、ある治療をして、それに対して結果が出るかどうかで判断するもので、他の病気の治療とは根本的に違います。どのくらいで次に進むかはドクターや患者さんによりいろいろですが、一般的に5~6周期でステップアップし、2年以内に結果を出すことが望ましいとされています。
体外受精や顕微授精が行われるようになってから、不妊治療はずいぶん変わってきました。新たな治療が出てきたために、それまで見えなかった原因が見えてきたり、また障害がクリアできるようになりました。
体外受精で卵子をとってきて精子をふりかけると、受精障害が分かります。卵が元気かどうかもある程度判断できます。
顕微授精では受精障害もクリアできます。ピックアップ障害も受精障害も、原因は依然不明ですが、障害はクリアし、受精は成立して、自然妊娠と同様に、ちゃんと健康な赤ちゃんが生まれて育っています。
つまり原因はわからなくても障害はクリアできるようになったわけです。
そういう意味では、本気で子供を望んでいる人、結果がほしい人には、とても良い時代になっています。

ステップアップ

21.葉酸サプリも性感染症検査も夫婦の共同作業

葉酸サプリを妊娠中に摂取すると健康的な赤ちゃんが生まれやすくなります。妊娠前からたっぷり葉酸を摂り入れることで妊娠率もアップします。

性感染症

私も妊娠半年以上前から不妊対策も兼ねて、葉酸を飲み始めましたが、旦那さんも一緒に服用していました。実は葉酸は男性が摂取しても精子の健全性を高めるのに効果的な上、精子の染色体異常も低下させられるので、相乗効果で胎児の先天性異常の発生リスクを抑えることが可能なのです。

この葉酸サプリ対策同様、夫婦で取り組みたいというか、取り組む必要があるのが性感染症検査です。カンジダ膣炎は女性特有の性感染症なのでともかく、クラミジアや梅毒、そしてエイズ検査は女性だけではなく男性も受けておく必要があります。

私も各種性感染症検査を受けましたが、やはりエイズ検査が一番恐怖でした。覚えがない、とはいいつつもこればっかりは分かりませんからね。大丈夫、と自分にいい聞かせるように祈りながら結果を待ちました。無事にお互い陰性でしたが、どの検査にしても性感染症検査は気まずいものです。感染していることが分かったらもっと気まずいことになりますが。。。

性感染症が赤ちゃんに与える影響

赤ちゃん

健康な赤ちゃんを産むためにも、性感染症が胎児に与える影響理解しておきましょう。クラミジアに感染すると、妊娠を望んでも不妊状態に陥ったり妊娠できても子宮外妊娠、早産、流産の恐れがあります。分娩中に赤ちゃんに感染することで、髄膜炎、肺炎など深刻な感染症を引き起こす恐れもあります。

梅毒、エイズ、ヒト免疫不全ウイルスも母子感染する恐れがある感染症です。生まれた時から後遺症を伴う梅毒、エイズ患者としてこの世に生を受ける運命を辿る可能性が強いHIVは共に重大な病気ですから、事前検査が必要になってきます。

20.婦人科検診も妊娠する前に

子宮がん検査や乳がん検査は妊娠前に

婦人科検診にも色々ありますが、子宮がん検査、乳がん検査は基本的な検査項目になるので是非とも押さえておきたいところです。

婦人科検診

万が一、子宮がんが見つかっても妊娠初期なら経過を観察しながら出産することもできます。ただし子宮がんにしても乳がんにしても、妊娠すると女性ホルモンのエストロゲンが大量に分泌されますから、がんの進行が速くなってしてしまう恐れがあります。

「私に限って」と楽観視している女性が大半ですが、妊娠中”がん”などの大病が見つかったら大変ですから、こういった婦人科検診は必ず受けておきましょう。

医療機関によっては、妊娠前の女性が受けておくべき検査を一通り揃えたブライダルチェックコースも用意されています。費用は自費診療ということでピンキリですが、3〜4万円から10万円まで選ぶ検査項目によっても異なります。

乳がん検査

乳がんの有無を調べる検査は視触診、超音波検査でも調べられますが、マンモグラフィー検査は要するにエックス線を用いた検査ですから、妊娠の可能性がある女性は避けるべきです。

また実際に妊娠している最中はホルモンが盛んに分泌され乳腺も普段より発達しているため、マンモグラフィーの画像を正確に読み取りにくくなります。こういった胎児に影響を与えるような検査は妊娠前に済ませておく方が安心なのはいうまでもありません。